鳥海と末永

二十歳を過ぎてから歯並びが気になり、矯正を受けることにしました。大人と子供で、矯正の方法そのものは同じだといいますが、大人は既に骨が固まってしまっているので、長い時間をかけて少しずつ矯正を進めていく以外にないのです。大人の場合、舌のクセも定まっているので、この点も時間をかけて直さなければなりません。いずれにせよ、1年から3年ほどの時間はかかりますから、矯正を受けたいと思っているなら、専門医に少しでも早く相談する必要があるでしょう。今話題のホワイトニング。その施術を受ければ、歯に染みついた黄ばみやヤニを落とすことが簡単にできます。しかし、ホワイトニングの維持期間にも限界があります。そんなにすぐに汚れてしまうことはないですが、あくまで歯の表面が白く染まっているだけで、歯の性質、それに患者さんの生活習慣は変わらないわけですから、ホームホワイトニングなら1年から2年で効果が薄れてしまいます。ところで、歯を美しくする施術には歯科矯正というのもありますが、これなら一度終われば、その後の再施術の必要性は基本的に無いものと考えていいでしょう。多くの方が利用されている歯科矯正。それは、専用の器具を歯に装着して力を加え、あるべき形に歯並びを矯正していくという、時間のかかる治療です。もちろん治療ですから、無理のない範囲で行っているのですが、瞬間的に生じる痛みや、持続的な痛みを強く感じる人もいるのです。普通は少しずつ楽になっていくものですが、時間が経ってもまだ痛みを感じるという際には、そのまま耐えていないで担当の歯科医師に診てもらうことです。歯を綺麗にする手段である、歯科矯正やホワイトニングは、どこで受けるかによって医療費が大きく違ってきます。患者さんそれぞれの状態に合わせ、適切な治療法を選択されるので、手段や回数に応じて治療費が変わるのは当たり前といえるでしょう。治療を受ける歯科によっても変わりますから、よく確かめずに治療を始めると想定の範囲を超えた高額な費用になることもありますから、細心の注意を払いましょう。できれば、通院の前によく担当医から話を聞き、期間や費用を確認しましょう。本当に歯科矯正で口内炎になるのでしょうか。中でも、まだ口が矯正器具に慣れていない間は、口内炎に苦しめられる方が多いのは本当です。金属でできたワイヤーなどが口の中の柔らかい部分を刺激し、口内炎になるわけで、慣れるまでは相当な痛みを伴います。歯科では専用の薬やワックスを処方される場合も多いです。歯磨きなどで口内をケアすることも、口内炎を防ぐ上で大事なことです。歯列を矯正していると、食べ物が食べにくいため、食事の量が減ってしまい、体重が極端に落ちるという話も聞きます。ですが、矯正が無事に終わると太ってしまったという人もいるようです。矯正している間は十分に食べられなかったことへの反動で、食欲の歯止めが効かなくなるということも、ままあるようです。治療が完了し、ようやく整った歯列になれても、スタイルが悪くなってはもったいないです。ホワイトニングが最近話題ですね。歯の黄ばみなどを落とし、白い歯を実現できるのが特に若い女性にとっては魅力的なのでしょう。ですが、全ての人がすぐに白さを実感できるわけではありません。なかなか狙った通りの白さにするのが難しいということも、難点と言えるでしょう。歯は美人を作る一番のポイントとも言われますので、美容を専門としている審美歯科の先生に相談し、要望をしっかり伝え、施術の内容や方針を話し合っていきましょう。色と同じくらい歯並びも大事ですから、気になる方は歯科矯正の利用も検討してみてください。ヘビースモーカーであるために歯の黄ばみが気になるという人には、ぜひホワイトニングを試してほしいと思います。歯の白さを手軽に取り戻すには、ベストの選択肢と言えます。タバコの他に、服用している薬によっても変色することがありますが、歯を傷めることなく白く染められるのがメリットです。歯並びを直すために歯列矯正を行ったとしても、肝心の歯が黄ばんだままでは笑ったときの印象は完全にはよくならないのですよね。歯科矯正の技術が上がったとはいえ、まだ痛みはあり、一瞬だけの痛みと、ずっと続く痛みとがあります。瞬間的な痛みの方が、その時の苦痛としては強いですが、心情的にキツイのは継続的な痛みのほうですよね。ワイヤーで歯を動かすことで感じる痛みのほか、使っている器具によっては、口の中の粘膜を傷付け、常に口の中に生傷が絶えないという状態になるのです。大人なら治療の完了までに2年から3年はかかりますから、そういうことに弱い人には、無理して歯科矯正を受けることは勧められません。コンプレックスだった歯並びの悪さを治すために矯正治療を始めてみたのですが、早い段階で体調不良が続くようになりました。その時は全く矯正のせいだとは思っていなかったのですが、病院の先生によると本来の噛み合わせが特徴的で、歯並びを変えてしまうと肩こりや頭痛などの体調不良が引き起こされることがあるそうです。歯科医からきちんとした説明が欲しかったです。日々の暮らしのなかで歯並びの治療をしようと歯科矯正を考えたとしても通院頻度がどれ程のものなのか、気になるところだと思います。例えば週1回の通院を続けてと言われてもはっきり言って難しいと感じる方も多いと思います。殆どの歯科矯正では、矯正器具の装着までが大切で、それ以降の通院では器具異常のチェックや、口内の清潔さが治療方針になると思います。口内ケアを怠らず、きちんと丁寧に歯磨きをするような方は歯医者に行く回数を少なくすることもできるでしょう。電動歯ブラシも年々進化しており、最近では歯のホワイトニングの機能を謳ったものも登場しているようです。日々の着色汚れを落とせるというものですが、あまり頻繁に使っていると歯にダメージを与えてしまいますから、使い過ぎには注意してください。しかも、ちゃんとしたホワイトニングと比べると効果は薄いですので、あまり期待しすぎるとガッカリします。それと、歯並びの矯正を受けている最中の方も、矯正器具のために磨き残しが起こりやすいので、気を付けましょう。私は食事の度に歯ブラシで歯を磨かなければ気が済まず、歯磨きの時間は毎回5分くらいと、かなり長いものです。短い時間で歯磨きを終わらせられず、なかなか外食できなくなってしまいました。ですが、最近になってやっと、マウスウォッシュを歯磨きのかわりに使うようになり、便利になりました。ホワイトニングは誰もが行うべきだと思います。社会人としては周囲への配慮も必要だと思うからです。それに、口元を美しくするには、ホワイトニングだけではなく、可能なら歯列の矯正も並行して行うのがいいでしょう。積年の悩みが解決した、と患者さんの口コミでよくあるのは、歯列矯正に伴って、なぜか肩こりまで治ってしまったという話です。この理由は、歯と頭蓋骨は繋がっているので、歪んだ歯並びの影響は首からさらに肩へと及び、歯並びの悪さが肩こりにまで繋がることがあるのですね。肩こりの理由が他に思い当たらず、歯並びくらいしか思い当たる点がないという場合は、歯科矯正を得意とする歯医者さんを当たって相談すれば、意外な体験談の仲間入りができるかもしれませんね!歯のヤニや黄ばみをなんとか落とせないかと思っていたのですが、ちょうど、ホワイトニング消しゴムが店で売っていたので、買ってみることにしました。あまり頻繁な使用は控えるようにと記載されていましたが、歯を綺麗にしたいという強迫観念があって、毎日のように使っていました。歯を削って汚れを落としているだけなので、使いすぎると歯を削りすぎて弱めてしまうということを知った時には後の祭りで、不注意だと歯医者さんに叱られました。私は少し前に歯科矯正を受けたばかりで、歯に負担をかけていたことも、消しゴムによるダメージをさらに強めたのかもしれません。今流行りのホワイトニングですが、時には綺麗に白く染まらないことや、色の染まり方にムラが出る場合も有り得ます。個人差でホワイトニングがかかりにくい場合など、色々な理由が考えられます。この場合、長い時間をかけてでも、歯科医の指導のもと、反復的に施術をしていけば効果は得られます。その他の治療も同じですが、歯を綺麗にするのに必要な時間は個人差が大きいということですね。歯科矯正といえば歯の表に目立つ器具を付けるイメージがありますが、今では歯の裏側に器具を付ける治療法も存在します。歯の裏側に付けるタイプは、ワイヤーが外から見えないのが利点ですが、多くの手間や時間がかかる上、舌など口の中を傷付けやすい点はデメリットとして考慮しなければなりません。これに対し、表側に矯正器具を付ける場合、一目見て矯正器具がわかってしまうのが欠点ですが、今はブラケットも昔ほどゴテゴテしておらず、透明のものもあるので、なるべく周りに目立たないものを選択するケースが多くなっているようです。女性の印象は笑った時の口元によるものが大きいといいます。歯科矯正を行うと、前より美人扱いを受けることが多くなるという話もあります。乱雑な歯並びと比べると、綺麗な歯並びの方がずっと印象がいいということでしょう。このように、歯並びは思った以上に大事な要素ですが、さらに、美人に見られるようになる理由としては、噛み合わせが改善されたことにより、顔の形そのものも改善されたということも要因と思われます。整った歯並びであればそれだけで見栄えが良く雰囲気が変わると思います。ですので、小さい頃から矯正で歯並びを整えておくことを推奨します。乳歯の状態から歯科矯正をすると、おとなの歯に生え変わった時に歯列がきれいで整った口元になります。整った歯並びは見た目にも健康にも良いです。今後を考えた上でなるべく早く歯科矯正をするに越したことは無いですね。ホワイトニングの利用にあたっては、沢山ある中でどこの歯科を選ぶのがよいか、その選択に関して重要なアドバイスがあります。最近は、一般歯科でもホワイトニングできる場合が多いですが、元よりそれを専門にしている審美歯科なら更に安心です。ホワイトニングの扱いに長けていますから、着色の原因から分析して、歯を美しくすることを第一に考えた治療を行ってくれます。それ以外にも、歯を綺麗にする施術、例えば歯科矯正などを受ける際には、その道の専門医を頼ることが最も安心といえます。現在一般的になってきたホワイトニング。その種類には、歯科医院でだけ施術を受ける、オフィスホワイトニングという手法と、もう一つ、ホームホワイトニングといって、自宅でも行えるタイプがあります。すぐに白さを実感したいという人には、ホームホワイトニングよりもオフィスホワイトニングを推奨しています。口内の状況によって差はあるとはいえ、一回の施術だけで白さの実感には十分です。歯並びを直す歯科矯正を同時に希望するなら、ホワイトニングの処置を先に行い、その後で矯正をかけるといった方法を用いる方もいます。歯を白くするホワイトニングの施術にとって、喫煙習慣は非常に相性が悪いといえます。中でも特に、自宅で毎日続けるタイプのホワイトニングなど、薬液を少しずつ染み込ませてホワイトニングをしていく方法においては、処置を進めてもすぐに煙草で台無しになるということがあります。よって、本気でホワイトニングを進めるのであれば、禁煙を徹底することが必須条件くらいに思っておきましょう。また、歯列矯正を受けている際にも喫煙は我慢するべきですね。歯科医療の技術が進んでいる諸外国での歯科矯正は、国内より安価なのではないかと思われますが、それほど変わらないか、むしろ日本より高くつくことが多いです。例として、アメリカ合衆国で矯正を受けるとすると、概ね5
000ドルが相場とされ、保険も効かない場合が多いです。歯並びの矯正は、時間と根気が要る治療です。その期間中は何度も定期的に病院に通い、口内に異常がないかチェックしたり、器具の位置を調整したりする必要があります。既に外国に定住していて言語の問題もないという方以外は、慣れ親しんだ日本で受けるのが最良だと思います。歯を綺麗にする施術としては、ホワイトニングやクリーニングが知られていますが、ホワイトニングというのは、歯を綺麗にしたいという美容目的で受けるものです。特に煙草を吸う方でなくても、歯は日々の食事などで少しずつ黄色くなっていくのは仕方のないことですが、黄ばんでしまった歯を元通りの白さにするのがホワイトニングです。クリーニングのほうは、歯周病や虫歯の一因となる歯の汚れを掃除する施術なので、美容目的というよりは医療行為のニュアンスが強いのです。さらに、歯の見た目を改善するには歯科矯正というものもあり、これには歯のかみ合わせを改善し、顎の関節症などを予防できる利点もあるのです。ホワイトニングの方法は一つだけではありません。大別すると、歯科で全ての施術をしてもらうオフィスホワイトニングと、自分専用のマウスピースと薬剤を歯科で処方してもらって、自分の家で空いた時間を使って処置を進める、ホームホワイトニングとがあります。さらに、確実な効果を求める方には、両方のいいところを組み合わせた方法として、デュアルホワイトニングというものも用いられます。技量に優れた専門医のもとでなら、歯列の矯正をしながらホワイトニングを行うことが可能な場合もあるのです。歯並びのために矯正治療を受けようと言っても、歯科矯正による歯並びの改善と必要時間は患者さんの元々の歯並びによって、全く違うようです。歯並びを良くするためにどれだけの本数が歪んでいるのかを確認し、歪んだ歯をどれだけ矯正で元に戻せるのかといったことが矯正方法や治療期間を決めるうえで大切なポイントになります。基本的な矯正治療は、虫歯の治療が必要であれば、まずそれを治します。その上で矯正の計画を立て、器具によって矯正を行い、それが完了した後は経過観察となるのが一般的です。矯正治療の方針によって、どれだけの期間を治療しなければならないか推定できます。最近は歯科矯正も患者さんの負担が少なくなってきましたが、今でも要注意なことは、まずは食事、それに運動でしょう。矯正中は、器具の間に食べ物が挟まることが避けられないので、食後の歯磨きなどのケアを怠ることはできません。さらに、意外と大敵なのがスポーツです。運動時には、歯を食いしばることが多いですから、矯正中は、器具で口腔内の粘膜を傷付けるおそれもありますし、力が加わったことで歯に負担がかかってしまう場合もあります。治療を担当する先生から注意事項を聞いておくといいですね。就職や結婚など、人生の大きな転機が切っ掛けになって、歯列矯正を思い立つ方もいるでしょう。歯列矯正には歯科医師の技量も必要で、全てのクリニックで受けられる施術ではないですので、どこの歯科で施術を受けるかが非常に重要です。最近は矯正専門の歯科医院もあり、そういうところはわかりやすく「矯正歯科」と書いてあるので、そういう歯科を優先的に当たってみることにすれば、失敗は少ないでしょう。矯正中には飲食の制限もあります。歯に力がかかる堅い食べ物などは、基本的に食べられません。おせんべいなど、硬い食べ物は、力を入れて噛む必要がありますから、手を出さないのが無難です。別の大敵としては餅やキャラメルなどです。歯にくっつくと、矯正に悪影響になるので、硬いものと同様、食べないように言われるケースが多いようです。歯科で歯並びの矯正を受けるときには、事前に抜歯が必要というケースがあるのです。歯の位置が大きくずれてしまっている場合、矯正しようにも、他の歯に干渉して思うように動かせないことがありますから、そのために抜歯をするのです。そのような歯並びの場合には、歯を抜かずに矯正を進めようとしても、歯に押されて歯列全体が拡大してしまい、顎の形まで変わってしまうことが有り得るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です