浜のテゴ

なんといっても、看護師という職業はその他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。だから、というわけではないかもしれませんが、着飾った人が多く見受けられます。そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているというようなことがあるようです。収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最適なのだろうと感じています。収入面において、看護師という仕事は、様々な他職業と比べても、とても高い額の給料となっております。医療現場という、人命のかかった職場であり、夜勤や残業が多く、それに対する手当をちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか進んで残業をたくさんする等々、そんな看護師なら確実に給料は、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。労働環境は、決して整っているとは言えず、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死してしまった看護師もいたのです。夜勤のない職場に移ったとしても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、看護師にかかる心身の負担は大きいです。看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。ですが実のところ、病院という職場以外の場所においても、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。こうした職場で看護師として活躍する人も大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。どうしても病院でなければ働けない、ということは全くなく働ける場所は色々あり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、もういっそ、看護師を辞めてしまおうか、などと悩みました。さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、「転職しよう」と決めたのです。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、苦労しながらも、仕上げることができました。でも、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、といやでも思い知らされた出来事でした。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、結果として、求人が大変多いわけです。今いる職場において、そこでの希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、医療職にかかわる人たちもますます必要とされる可能性があります。それ故、現時点で看護師不足の状態なのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも一つの理由といえるでしょう。看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、一にも経験、二にも経験となります。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったことは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を考え始める人もいるようです。最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院で看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、チャレンジ精神からきた動機です。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。ただし、そうしてうまく、出戻りがしやすいかどうかというのは辞めた状況により変わってきます。結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、または出産、育児を理由とした辞職であれば、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。実際に、こうして働いている看護師は多いです。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして復職を果たす、という人も増えてきています。医師、そして、看護師。大きく異なっている点があります。端的に言えば、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防指導を行ったり、薬を処方することが仕事とされています。そして看護師については、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療の補助をして、患者さんのケアをするということが中心です。病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、その技能を一番発揮できる職場配置となるはずです。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみると夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところがパート看護師の時給としての相場です。単にパートの時給としてみるとなかなかの数字なのでしょうが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、金額的に少々不満です。看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、気になるのはその配属先ですが、大体希望を叶えてくれる場合もあり、また、そこで人事を引き受ける人の見解により、確定されたりすることもありそうです。人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、出された答えとしての配属であることが多いようです。それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。看護師になろうと思ったきっかけは中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、私は介護施設へ訪問しました。その時、そこに勤務している看護師さんを見て、感銘を受けたのがきっかけとなりました。大人になったら、あんな職業をしたいというように思い続けて看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。大変なこともあるのですが、看護師になってよかったです。看護師の仕事を選択する、とても現実的な理由として「給料が高い」ということがあります。新卒の給料を見ても同じくらいの歳の新入社員よりも多くもらえていることがわかると思います。ただし、そのように高給をいただくということはそれだけよく勉強して日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、この何年か特に医療機関を利用する人口が増加しています。ということはつまり、医療機関で働く看護師に関しても大勢が働いているべきなのに、現在、医療機関はどこでも人手不足のようです。しかし、人材が不足している、ということはつまり、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の助かる点もあります。勤務中の看護師というのは緊張の糸を切らすことがなかなかできず、そのために常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、看護師というハードな仕事を続けていくためにはかなり重視するべき点ではないでしょうか。女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、ふつうに授業を受けていたなら、それほどまでに難しい、というものでもないのです。看護師の養成を目的とした、専門の教育機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。看護師の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてカタカナでエッセンと書く言葉があります。これは、食事をとりに休憩してきます、ということを働いている他の人にわかってもらう目的で普段から使用されているようです。このエッセンという言葉自体には、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、そんな時代の名残ですが、とにかく便利に多用されているようです。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、土日が休日になるでしょう。何か不測の事態による緊急の出勤や、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、多くの場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。私の仕事は病院事務です。日常的に、仕事上で看護師の方と接することはあまりないのですがいつでも皆さん忙しくされています。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。でも、私が思ったよりも上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、お子さん同伴での看護師さんの参加が相当いるんですよ。参加されていた先生方からも歓迎されていて和やかで楽しい会となりました。看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、病院によりますが、残業代が払ってもらえないことがあるようです。残業代の未払いは、新人だということは何の言い訳にもならず労働基準法に反した行為です。行なった残業は、労働には違いありません。なので、働いたらその分はちゃんと、手当として支払われなければなりません。少々昔の話ですが、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られるといった事実について、急激に周知されてきているようです。というのも、看護師の得られる給料は、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、家族が食べていけるようにできる程です。こうしてみるとよくわかりますね。看護師は給料の高い専門職だということです。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。普通やることもたくさんあるのですが終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残業しなければならなくなることが多いです。とはいえ、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、にこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。さっきまで愚痴っていた人が打って変わって笑顔になるのです。看護師はさながら女優だなと感じます。治療の補助や患者の各種ケアなど、看護師の業務は多岐に渡り、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、業務は日勤と夜勤という形に人員を交代させながら業務につくことになります。他の交代制のお仕事と同様、上手に生活のメリハリをつけないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。看護師の資格というものは日本の法律では医師の診療を補助する役割と定められています。医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。とはいえ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、急を要する場合には、キャリアのある看護師にはそれなりの医療行為も許可されてもいいのではないかと考えています。看護士と看護師、発音は当然同じですが、漢字だと、この二つになります。少し前までだと、看護士というと男性のことで女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。2001年の法律改正を機に、男女分け隔てなく使用できる看護師の呼び名にひとくくりにされることになったのです。働く時間を、自分である程度調整でき、やりたい仕事をかなり自由に選択可能、というのが派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。単発の仕事あり、短期のものもあり、長期で働ける方歓迎、というものもあって派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。ですから、もしも看護師の仕事を探している最中なら望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて仕事を探すと、選択肢がとても増えます。看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。そういったことをわかった上で、看護師という仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、短所を帳消しにできる良い点がたくさんあるということなのでしょう。例外もあるかもしれませんが、看護師として働いていると、当然のことですが、やめてしまいたくなることも少なからずあることと思います。お仕事に関する失敗だけでなく患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。しかしながら、嬉しく感じることや、看護師として働き続けたいと思うことはいっぱいあります。時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です