松尾俊介がレブロ

急な交通事故で、救急搬送された際に、医師の見落とした私の鎖骨の骨折を発見して処置してくれたのはまだ若手の看護師の方でした。後になって、知りましたが、すごくお若いのに看護師長だったのです。能力評価が正しくされた結果でしょうね。看護師は非正規雇用としてアルバイト、パートタイマーで働くこともあるでしょう。その際、重要度が高いのが1時間あたりの給与ではないでしょうか。正規雇用と比べると、パートとかアルバイトの看護師は給料が安いことがよくありますので、やっぱり、時給を高くしてくれないとモチベーションが上がりません。可能な限り、高い時給が嬉しいですよね。残業すればちゃんと残業代が出るというのは普通のことです。ですが、看護師の場合、時と場合によっては残業代が十分に出ないといったことがあります。とりわけ、転職をしたばかりで新しい医療現場にまだ慣れていない時は、なかなか残業申請をしにくいムードなのです。看護師の職場での労働環境改善につなげるためにも、残業手当がちゃんともらえるようにする必要があります。看護師は病院などで就業していますので、シフトは様々です。常に、決まったお休みが取れないといった悩みがあります。看護師は医療機関にしてみると大事な人たちですが、働く立場とっては残念ながら良いとは言えない職場であるケースが少なくありません。看護師のお仕事は多種多様です。たいていは、医師の診療が滞りなく運ぶように補助などを行うのが軸となる業務内容なんですが、それに、患者さんのケアや介助なども行います。外来なのか、入院病棟なのかによりましても仕事の内容がかなり異なるでしょう。外来よりも入院病棟のほうが仕事量が多いので、とても負担が大きいでしょう。看護師が転職するときに大切なのが面接といえます。面談の際に頻繁に聞かれる事としては前のクリニックでの仕事について、離職理由、この病院で働いたら、したいことは何か、それから、自身の看護の価値観などです。円滑に答えるためにも、きちんと考えておきましょう。よく知る看護師が、この間、転職をしたようでした。比較的ラクそうな職場だったのに、とその理由を聞いてみると、「仕事が暇だった。もっと忙しく働いていたい」ということでした。世間には、働きたくないと願う人が多い中で、看護師が派遣で仕事をする時には、良い点や悪い点があるのです。利点としては長い期間働く必要がなく、条件や都合に沿って自由に他の職場に移れることです。悪い点は、昇給や賞与がないので、長期にわたる勤務には適さないことでしょう。なにはともあれ、看護師は患者の命に関係する仕事をしていますので、すごく精神を酷使するのです。だけど、それでいて、決して高給とは言いにくい給料で懸命に働いているのです。看護師の仕事に対する情熱をアップさせるためにも、給料を上げてほしいと感じています。看護師は挑戦しがいのある仕事だそうです。どんな職業でも面と向かって人とかかわることが少ない傾向にあります。そんな中で看護師は人と密接にかかわることができ、サポートできるという意味でやってやろうと思う方が少なくないのでしょう。看護師は病棟の仕事仲間と飲みに行くことがあります。急患が来ることも多い職場なので、みんなが集まることはレアですが、都合を合わせてみんなで飲みに行きます。病院での出来事など共通の話題や共感することが多く、ストレスが解消されてナース飲み会は大盛況です。看護師になるとすると、単に、知識とか技術だけにとどまらず、「この世界で仕事をこなすんだ」といった強い考えが大事だと思います。やはり、専門職であるから、一般職の女性などに比較すると収入はよく、働き口に困ることもないです。けれど、普段ならほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければならないためです。病院や医療施設などで看護師が働く時、その配属先というのは、最も重要なポイントです。同じ病院の中で勤務する場合でも配属される科によって、仕事の種類が全く違ってきます。もし、自分のやりたいことができる配属先なら問題は発生しませんが、不得意と考えている配属先だと仕事をうまくこなせない事例も考えられます。勤め先に関わらず、看護師は大変なこともたくさんある仕事ですが、続けやすい仕事であるともされています。妊娠したことで、一度休みを取ったとしても、再就職しやすい職業でしょう。高レベルな専門性が子育てが一段落してからの復帰がしやすいことに結びついているといえるのです。ただ、就職先に困らないといわれますが、離職の割合が高い仕事でもあります。看護師が転職を行う場合はちゃんとした履歴書を用意してください。書き方としては、重要なことがいくつかあるのです。初めに、写真は三ヶ月のうちに撮影した新しい写真を使いましょう。それと、住所や氏名などはきちんと正確にキレイにわかりやすく慎重に書くことが大事です。看護師というのは今でも常に人手が不足していることが叫ばれています。この人手の不足を解消するには、看護師の資格を持っていながら今は看護の職業に就いていない人に、再度、看護師として働いてもらうことが良いと感じられます。そうするには、柔軟な働き方が出来るように、すぐにでも、医療機関が直すべきところは直していくべきなのです。看護師からしてみれば仕事も育児もこなすのは困難な問題といえます。本人は病院で仕事をしたくても、育児と同時に、看護師の仕事を果たすのは、様々な困難が発生してしまいます。看護師と育児を同時にこなすのは個人の問題ではなく結局は、医療全般の問題として取り組むことが必要になってきます。それ以前は看護師が男性の場合に限って、士という漢字を使っていました。ところが、今は男の場合でも女の場合でも、看護師という仕事に従事している人ならば、師という漢字を使用するようになっています。看護師と看護士の両方を使用していると、トラブルが発生する場合も考えられるので、一つの用語を使用するように変更されたのだと思います。看護師が実力を磨いたり、医療経験を積み、能力の向上をするにはいろんな道筋があります。今、勤めている職場から別の病院、医療施設などに転職するのもその手段の1つです。他にも、最新の技術とか幅広い知識を習得するという目的で、なにかしらの看護に関わりのある資格を取るというのも能力向上の方法の1つです。病院に向かうと次々と患者の方がくるので、お医者さんや看護師の方は常に忙しそうにしています。テキパキとしていたり、大きい声で名前を言ったり、患者の方に説明したりなどと、性格がしっかりしていなければ、無理なすごく大変な職業だと思います。だけど、その分、やりがいのある職種だと思いました。私の叔母である人が、ついに離婚を決意して地元に戻ることとなりました。久々に会うことになった叔母は思っていたより元気そうで、「看護師の資格があるのだから、仕事に困ることはない。あんな男といなくても余裕で暮らしていけるわ」と強がりではなく、笑っていました。そもそも、看護師というのは、病院などの医療機関で大変重要な役目を担っております。ただ、多くの病院や医療機関などでは看護師不足に頭を悩ませているのが現状であります。残念ながら、医療の場では、看護師の不足した問題を基本的に解決はできておりません。これからは、少しでも早くこの問題を解決に導く必要があると言えます。世間のイメージとは裏腹に、看護師の初任給は安いです。事実、入院して看護師の仕事ぶりをみていると、重篤なクランケが入院していないのならば、定められた時間に一定の作業をするだけですが、それだけでもかなり大変です。重篤な患者が入院している際には、さらなる激務となってしまい、精神的圧力が強まるでしょう。ナースの仕事の内容は治療に関することばかりでなく身辺のお世話まで、行っています。ですから、医療機関の中で看護師くらい多忙なスタッフはありえないと思います。そんなナースの業務にふさわしい待遇にしてもらいたいものです。一般に、看護師は医師からの指示で医療行為を行うという事がよくありますが、簡単な医療行為であれば、医師から指示がなくても可能なのです。であるから、例えば、老人ホームなど福祉施設に看護師がいる際は、とても心強いと言えるのです。どんな仕事でも、業界用語があるものです。任務をスムーズにこなすためなどの理由で様々なその業界にしか通じない言葉が出てきています。同じように、看護をする人でもその職にしか、使えない言葉が使用されています。例えば、心マは心臓に刺激を与える、ギネというのは婦人科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、たくさんのその業界でしか使えない言葉を使用しているのです。看護師の稼業で大変な事の一つに、夜間勤務があるという事があります。病院の場合、夜中に患者の病状が急変する事も少なくありません。その時に、迅速に対処するためにナースには夜中の勤務があるのです。けれども、看護師にとって夜中の勤務というのは健康状態を悪くしやすくなりますし、負担が大きいと思われるのです。フルタイムで、看護師として勤務する際、楽だといわれているのは、外来での勤務です。人の命にかかわるということでの責任は同一ですが、夜に勤務する必要がない、休みやすいなどの理由により外来勤務を選びたい人も増えてきております。入院中の知人の顔を見に行ったのですが、看護師さんが大忙しで複数の患者さんの対応に追われている姿を何度も見かけました。患者さんの中には体の自由がきかないために、頻繁にナースコールをしなければならない人も珍しくありません。現場で働いている看護師は、医療に関わらない一般人からみても、苦労続きだと思います。看護師さんはハードワークですね。くれぐれも過労死をしてしまわないように気にかけた方がいいでしょう。満足な条件でない場合、別の病院への職場を変えることを考えてみてください。長期の通院を必要とする病気になれば、働くことも難しくなります。ご自身の体は周囲の誰も守れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です