小倉博和がどうもっちん

先週の土日を使って、引っ越しを終えました。荷物を搬入して新居に入り、夕方、部屋の電気をつけて、「ここが新しい家なんだ」と思わずにいられませんでした。その日の夜は、思い切って普段ならぜいたく品のピザとお寿司を宅配で、大好きなワインも買ってきて引っ越しのお祝いをしました。期待でいっぱいの新しい生活が始まりました。転居に必要な手続きの一つは、ネット回線を使えるように手続き、場合によっては工事をしておくことです。結構見落とされることが多く、荷物も人も移転しているのに、ネット関連の手続きを見落としていたことにはじめて気づく、ということになりかねません。引っ越しが多い時期だと移転の手続きもなかなか進まないと考えてください。引っ越しの日程が決まり次第、プロバイダーへの問い合わせは早く終わらせて損はありません。引っ越しの前にすることとして、最優先しなければいけないのは転出届を市区町村役場に提出することです。転出届を出すのは簡単です。自分が現在住んでいる市区町村で役所の窓口に提出します。郵送での受付もできますので、調べてみてください。また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、委任状を持参した代理人が提出することもできます。転居届の提出は、転居の2週間前くらいからできる市区町村が多いようです。引っ越しに共通して使われるものがありますね。ダンボールはもちろん、ガムテープ、ひもなどの梱包材は必ず使います。簡単に入手できるものばかりですが、引っ越し業者に依頼した場合、契約時にこうした梱包材を無料で持ってきてくれることもあります。契約が成立すれば無料なのに単なるお金の無駄にならないように業者に見積もりを頼む時にはしっかり調べておきたいものです。とんでもない数のものが身の周りにある生活を日常としている方には、その方が引っ越すとき最も大変なのは荷造りが終えられるかどうかです。どんなに周りが協力しても、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったらもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、良い機会ができたと思って捨てることを楽しめればその後の生活が変わっていくでしょう。どちらかといえば、引っ越しが多いほうです。ガスは事前に止めることもできますが、私はできるだけ、引っ越し当日に止めてもらうようにしています。引っ越し前はどんな時季でも身体を動かしていますし、汗もかいているので引っ越し前日の夜ともなれば最後のお風呂に入り、疲れを癒やすのが楽しみでした。引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めばふと緊張が解けることがあります。引っ越しの荷作りをしているときにクローゼットの中を全部開けてみたのですが、使わないものをためこんでいたことがわかってため息が出ました。とりわけ服は長いこと着ないで、しまい込んでいたのです。引っ越しの荷物作りを機に仕分けして処分することになり、引っ越しの荷物も、自分自身も整理することができました。マンションやアパートですと、今ではどんな人が隣に住んでいるのか、それさえ知ることなく生活するのが当たり前のこととして受け入れられています。そんなご時世であっても、会えば挨拶して、何かあったときに助け合うくらいのつながりがあった方が良いでしょう。お隣さんといい関係を作るために、取りかかりとしては引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、両隣に挨拶に行くことをおすすめします。来月引っ越すので準備を進めていますが、持っていく荷物にピアノを含めるか手放すのかが悩みの種です。ピアノを使わない予定なのでずっと置いておくだけでしょう。そうかといって、処分するだけでも費用はかなりかかることでしょうし、本当に悩みどころです。誰かがもらってくれることを願っていますが、引き取り手はそうそう現れません。この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、そのときの対応が今でも気になっています。液晶テレビの運搬に限って個別の保険をかけることになっているそうです。荷物の中には40型の液晶テレビがあったので、明らかに購入価格が30万円以上のため、運ぶためには保険の加入が必要と言われてしまいました。言われるままにおよそ1500円の保険をかけましたが、これで良かったのかずっと疑問に感じています。引っ越し費用を一円でも減らしたければ、見積もりをとった後で、引っ越しの業者を決定することを忘れないでください。一番良いのは実際に業者に見てもらうことですが、直接見てもらうことが難しければ電話でおおよその荷物の量を説明するとあてはまるプランを示してもらえます。他の業者の価格を伝えると標準価格から引いてくれることもあるので、忙しくてもひと手間かけて、いくつかの業者の見積もりをとってください。転職や転勤で職場が変わり、近くに住んだ方が良いとか、世帯の人数に変化があったなどをきっかけにして今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。引っ越しをきっかけに、使わないでしまってあるものやいらない服などを一気に処分し、身軽になって新居に向かうことが多いと思います。もっとも、布団類は引っ越しで処分することは少なく、同じ布団を使い続ける世帯がほとんどのようです。毎日使うものであり、自分になじむものなので引っ越しで買い換えるものでもないのでしょう。専門業者の引っ越しでは、引っ越しの場所や日程などが決まれば、まずは業者に見積もりを出してもらって、こちらの要望との折り合いがつけば、作業を依頼する正式な契約を交わします。費用を節約するため、自分で荷造りする契約であれば段ボールなど梱包材は業者からもらえるので、当日までに終わらせます。引っ越し当日になれば、作業の流れは業者に任せておけばスムーズに進みます。賃貸物件から引っ越す際、退去時の原状回復義務はつきものですが、一方で経年劣化は避けられません。入居者が壊したことが明らかとされれば修理費用が発生することが一般的ですが、壁紙の自然な退色や、モルタルの小さいひびなどは回復義務は生じないことが多いです。賃貸では、できるだけ現状のままで退去できるよう生活するのが退去時に請求される費用を減らすことにつながります。引越しで居住地が変われば、あちこちに届け出をして使い続けるために、変更することになるものもあります。固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。NTTに住所変更の申し込みをして引っ越し先で新しい電話番号を使うための手順を知っておくことが大事です。固定電話の番号は、市外・市内局番とその後の個別番号から成り立っています。引っ越し先が同じ市内局番エリアであれば、引っ越し後も同じ電話番号を使えます。軍手こそ、引っ越し作業になくてはならないものです。たとえば、荷造りをしているときです。カッターやはさみを使った慣れない作業が続くので、手のケガはよく見られます。それから、大小さまざまな荷物を運ぶので荷物で手指を挟まれたり、荷物が落ちてきたりする可能性があります。ここで注意してほしいのは、自分の手と指の長さに合っていて、滑り止めがついている軍手を買わなくてはなりません。手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。自分の引っ越しでは、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、あとのものは自分たちで運びました。そうした荷物の移動を終えた後で、市役所に行って住民票の移動も終えてきました。あちこちで思いがけないことがあっても、何人もの方が協力してくださり、人のありがたみを知りました。挨拶まわりもしてきました。やることはまだまだたくさんありますが、がんばります。家の中にあるものを引っ越しの時に見直すため、不要品は必ず出てきます。処分をどうするか考えなくてはなりません。こんな時に朗報があります。引っ越し業者の不要品引き取りサービスなのです。一部のものは、引っ越し業者がもともと有料で処分するべきものをリサイクルということで無料回収を行うところもあるので引っ越し業者に聞いてみてください。数年前になりますが、新居が完成してそこへ引っ越したのですが、何といっても、デスクトップパソコンの移動にあらゆる手を尽くしました。なぜかというと、当時3歳だった娘と1歳だった息子の画像データが全てパソコンのドライブ内にあったため、運び出すときや輸送の時に衝撃で壊れないよう、使いすぎかと思うくらいクッション材を使いました。業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、表面も中身も、全くトラブルなく移動できました。一人の引っ越しでは、引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。ワンルームに住むとすれば、広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でもドアからベッドを入れることができないなどの大変な話もあるようです。そういうことを心配するより、とりあえず布団の生活をスタートしてみるのもいいかもしれません。いよいよ年金生活というと、生活が大きく変わることは避けられません。ここで、住む環境を変えてみるのはいかがでしょうか。いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、退職して年金生活になれば、住まいが合わないことも往々にしてあるものです。特に、賃貸にお住まいのご家庭では月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも十分検討の余地があります。引っ越しを一度でも経験すればきっとおわかりだと思いますが、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。私も何度か引っ越しを経験してきましたが、簡単な手続きをすれば解約はできます。旧居を引きあげる前に解約しておかないと、転居後に使われた分も請求されてしまいます。くれぐれも注意が必要です。しかも、引っ越した月の末日まで料金を請求されるのが普通です。荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、思わぬ騒ぎになったという話もあります。準備のためには、前日までに入っているものを出し、コンセントを抜き、そのうちに水滴貯めパレットに水が貯まってくるので、全て捨てれば他にやることはありません。そのため、冷蔵庫の中のものは全て、前日までに計画的に消費し、冷蔵や冷凍のものは買わないように努め、冷蔵庫にものを入れなくても生活できるようにしましょう。荷作りも終わり、明日が引っ越し当日となれば、忘れず何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。いつ引っ越し業者が来て、作業終了の目標は何時かといった時間を確かめて、それに合わせて動けるようにしておきます。荷物は運びやすいように移動しておきましょう。業者さんだけでなく、引っ越しに関係する全ての人のため冷たい飲み物を準備することが大事です。熱中症予防のためにも、飲み物があると夏場は本当に喜ばれるものです。引っ越しが一段落つきましたが、当日までの準備は大変でした。マンションの高い階に住んでいたため業者さんに大きい荷物をおまかせしました。引っ越し費用を少しでも浮かせたいと思い、自分でエレベーターに乗せられる荷物は何日もかけて台車に載る分だけ新居へと持っていったのです。案外、台車は便利ですよ。一人で移動するのではなく、一家が転居するとなるとなんだかんだと、引っ越し当日はやるべきことに追われて、作業は一日かかってしまうのが普通ですから、事前準備ができそうなことは終わらせておけば当日の負担が減ります。ライフラインである水道、電気、ガスなどの確保は絶対条件としても、日用品など、引っ越す日まで使うと思うものは荷物の中でも目立つようにして、すぐ使えるようにしておくと楽です。引っ越しを機会に電話回線を使い続けるか、もう止めるかも、考えなければなりません。現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、転居後も固定電話が必要となれば、電話会社との契約、あるいは転出転入などの意外と時間がかかるやりとりが生じます。書類の往復に手間取っていると、契約が成立するまで電話回線が使えないので、特に年度末などは早急に手を打つに越したことはありません。引っ越しの荷造りで大変なものといえば、どの世帯にもある食器は特に面倒です。食器は割れ物が多く、包み方や詰め方を一歩誤ると運搬中に壊れてしまったら泣くに泣けません。ここのところ、薄いガラスで作られたグラスも増えています。繊細なガラス製品は、内側に新聞紙を詰めてから外側を包み、また、専用の箱があるのでそれに入れるなど、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすれば破損の可能性はかなり低くなります。引っ越し専門業者として伝統もあり、その仕事に定評があるのは引っ越しのサカイですね。支店は全国に170社以上あり、自社の保有車は3500台超で、一般家庭の引っ越しでも、大手の強みを生かしたサービスを期待できます。細やかなサービスができるよう、どのスタッフもきちんと仕事をしているのでどの世帯の引っ越しも安心して任せられます。誰でも引っ越しの際には様々な問題を片付けなければなりませんが、転居後も同じガスコンロを使えるかどうか、確認することも案外大きな問題です。私の場合は、家を新築したため、ガスコンロも新しくなったのですが、家具付きアパートなどでは、手持ちのガスコンロを引き続き使うことになるかもしれません。ただし、ガスの種類が違うと同じガスコンロを使えないこともあるので、ガスコンロを引っ越し先でも使う場合や、新しいものを買おうと考えているなら使いたいコンロが使用可能か、注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です