安倍と新里

看護師にとって負担が少ない病棟としては、採血室が例として挙げられます。透析とか採血、献血といった限定された業務のみを行う診療科といえます。献血センターなども、この科に該当します。基本的には、同じ作業の繰り返しで採血の技術も上がりますし、人の命を左右するような仕事もほとんどないです。どんな科でも採血を必要とする場合が多いので、この先、どの科に配属されても有益です。看護師目線で言うとお仕事、育児の両方をしっかりとこなすのは簡単ではない問題といえます。本人は病院で仕事をしたくても、育児と同時に、看護師の仕事を果たすのは、様々な困難が発生してしまいます。仕事と育児の両方をこなすのは個人の問題ではなく医療全般の課題として取り組むことが必要でしょう。看護師は挑戦しがいのある仕事だと考えられています。現在はどんな仕事でも直接に人と関係することがあまりなくなっています。一方、看護師は人と深く関係することができ、援助することができるという意味でやってやろうと思う方が多いのかもしれません。看護師は、病院やその他いろいろな医療機関で重要な役目を担当しています。ですけど、病院や医療施設の多くでは看護師不足となっているのが現状なのです。未だに、医療の場では、看護師不足の現状を基本的に解決はできておりません。今後、たとえ少しでも早くこのような問題を解決する必要があるでしょう。私の友達に看護師がいるのですが仕事をやめようか続けようかで迷っていると話がありました。彼女はちょっと前に結婚したのですが休日出勤があって、土日休みの夫と休日が合わず、なかなか一緒にいられない生活が続いてるみたいです。子供も欲しいし、でも、今の仕事は続けていきたいと答えを出せないでいました。フルタイムで、看護師として勤務する際、他に比べて、楽だといわれているのが、外来による勤務です。人の命に影響するということでの責任は同じことですが、夜勤の必要がない、割と休みをとりやすいというような理由で外来勤務を望む人も増えています。看護師の仕事は一般の人々の間ではハードな職業だと認識されています。これは最近の病院における雇用体制の問題が原因で、改善する傾向がみられない人手不足により仕事をする時間が長引いてしまう傾向がみられるためです。長い労働時間に加えて、1ケ月の間に何度か組み込まれる夜勤があるため、日常的に、疲労とストレスに悩まされている看護師が多く存在するでしょう。看護師が転職をする場合、しっかりと履歴書を書く必要性があります。履歴書を書く際には、大事な要点がいくつかあるのです。まず、写真は過去三ヶ月以内に撮った新しい写真を使いましょう。また、住所、氏名等の項目は間違わずにしっかりと分かりやすく丁寧に書き記すことが肝心なこととなります。看護師は医療機関が勤務先ですが、ただ、医療行為さえすればいいわけではありません。例えば、病気やケガで、体が不自由な患者さんの身の回りの支援もしなければならないので、医療機関の中で他の仕事よりも忙しく労働しているのです。キツイ仕事の割には、収入は悪く、ストレスで体調不良になることもよくあります。看護師の初任給は決して高くはないです。実際に入院してみて看護師の仕事ぶりをみていると、重篤なクランケが入院していないのならば、定められた作業をするだけですが、その作業だけでもかなり忙しいのです。深刻な患者が入院している場合には、いつも以上に激務となってしまい、内的ストレスもたまるでしょう。希望条件に合う病院や医療機関への転職を目指す看護師にとって大事なのは面接なのです。看護師が面接時に尋ねられることが多いのは以前の病院での業務内容について、これまでの職場を辞職した理由、就職したら、この病院で何をしたいか、自分の看護の価値観といったことです。言葉に詰まることなく、しっかり説明するためにも、考えをまとめておくべきです。看護師のお仕事は多種多様です。医師の診療に対するサポートするのが基本は、主なお仕事ですが、ほかにも患者さんのお世話やお手伝いなどがあるでしょう。入院病棟か外来かによっても業務内容の方向性は様々です。普通、仕事量が少ないのは入院病棟よりも外来であるため、ストレスとなるでしょう。普通、看護師に就くには、単に知識や技術のみではなく、「医療界で仕事をこなしていくんだ」という強い気持ちが大切だと思います。専門職ですから、通常のOLなどよりも収入はよく、働き口にも困ることはありません。だけど、日常ではほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければいけないからです。看護師が病院や医療施設などで勤務する時、その配属先というのは、最も重要なポイントです。同じ医療施設でも配属される診療科によって、仕事の種類が全く違ってきます。自分が志望していた配属先ならトラブルが生じるケースはありませんが、自分が不得意と考えている配属先だと仕事にうまく馴染めない場合もあります。交通事故により救急搬送された際に、医師が気付かなかった鎖骨が骨折していることに気づいて処置を施してくれたのはまだ若手の看護師さんでした。入院中に、知りましたが、すごくお若いのになんと看護師長さんだったのです。やはり、能力の評価が正しく行われた結果なのだと思います。看護師を志そうと思うに至った志望動機は、病気、怪我、体調不良などで苦しんでいる患者のサポートをするという、看護師としてのやりがいを感じたためです。実際、私自身も以前入院中に、お医者さんや看護師さんに申し訳ないほどお世話になり、私も一人の看護師として、患者の手助けをしようと思っています。以前は男性の看護士に限定して、士という文字を使用していました。しかしながら、今は男の場合でも女の場合でも、看護師の仕事をしているならば、師という漢字を付けるようになっています。看護師、看護士の両方を用いていると、あやふやで分かりにくくなるので、統一されたと思われます。看護師は患者の人の生命に関わるような仕事ですから、非常に精神を酷使しています。だけど、それでいて、お世辞にも、高給とはいえない給料で一生懸命に仕事をこなしています。そういった看護師の仕事へのやる気を上げるために、できるだけ給料をアップしてほしいと考えています。ナースの仕事の内容は患者さんの治療関連の仕事のみならず、身の回りのお世話といったことも行っています。病院で、看護師ほど、やることの多い人は考えられません。ですから、そんな看護師の業務にふさわしい待遇にしてあげてほしいですね。辞めたいと思っている看護師は、かなりの数になるようです。最大の理由としては、きつい仕事で体調不良になってしまったり、給与について不満に思っていたり、ややこしい人間関係で追い詰められてしまったりなどが多数です。日本は長寿化が進みいまや超高齢化社会となってしまいました。この中で、需要が高い職業が看護師と医師、介護士です。全て専門知識、特殊な技術が必要な仕事で、誰でもできる仕事ではありません。3つの職業人を育てることについて国は今よりもさらに考えてもいい頃だと思います。看護師というのは今でも常に人手が不足していることが叫ばれています。人手の不足を改善するには、現在、看護師の資格を取得していながら今は看護の職業に就いていない人に、看護師として仕事をしてもらうのが良いと感じます。そうするには、柔軟な働き方が出来るように、早急に、医療機関が直すべきところを改めていくことが必要です。時として、看護師は非正規雇用でパートやアルバイトで働くこともあります。そこで、大事なのが時給ではないでしょうか。正規雇用と比較すると、パート、アルバイトの看護師は待遇が良くないことが多々ありますので、せめて時給くらいは高くないとやりがいはないですよね。理想を言えば、少しでも高い時給だと、ありがたいですよね。さらに上を目指したい看護師が自分の看護の技術をますます磨き上げたり、スキルをアップさせるには、いろんな道筋があります。今、勤めている職場から異なる病院や医療施設などへの転職もその手段の1つです。あるいは、最新技術、さらに幅広い知識を体得するために看護に関わる資格の勉強をするのも成長できる方法でしょう。看護師の数が少ないという医療機関も少ないことはないので、再就職はよい選択です。ただし、殊の外ブランクが長いと再就職できるか心配しますね。そういう時は、転職をネットで紹介するところをちゃんと使って困ったときに、相談にのってもらえるような機能を使うのがいいでしょう。看護師は病棟の仕事仲間と打ち上げをすることがあります。急患が来ることも多い職場なので、みんな参加することはあまりありませんが、なんとか合間を縫ってみんなで飲みに行きます。仕事の悩みや愚痴などみんなで共感できるので、愚痴を思いっきり吐き出して飲み会はとても盛り上がります。昔から、看護師の仕事というのは、大変重要で病院や医療施設では必要不可欠ない大切な担務を背負っているといえます。重要な仕事であると同様に、夜勤のように一般的でない勤務形態があるため、寝る時間が短い看護師が少なくありません。看護師の仕事には健康管理にも気を付けることが重要な問題だといえるのです。一般に、看護師の職務で大変な事の一つに夜間勤務があるという事があります。医療機関では夜間でも患者さんの病状が急変する事も少なくありません。その時に、迅速に対処するために看護師には夜間勤務が存在するのです。けれども、看護師にとって、夜間業務というのは健康状態を悪くしやすくなりますし、負荷が大きいと言えるのです。いわずもがなかもしれませんが、医療現場では、看護師の仕事というものは重要である職務だといえるのです。常日頃、厳しい現場で看護の業務を行っている中では、様々な精神的な負担につぶされそうになることもあるでしょう。なんといっても、看護師はいつも命にかかわる仕事に携わっていますから、強い緊張感にかられることもたくさんあり、精神的ストレスをうまく発散させることも大事だといえます。看護師は医師の指示により医療行為をする事が多いのですが、容易な医療行為であれば、医師による指示がなくても行うことが可能です。なので、老人ホームやその他の福祉施設に看護師の方がいれば、本当に心強いと言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です