マリベルのハウンド

看護師は病棟の仕事仲間と打ち上げをすることがあります。常にイレギュラーが発生する職場なので、全員出席することは困難ですが、都合を合わせて飲み会に行きます。普段言えない話も話せるので、ストレスが解消されて宴は大盛り上がりです。早期に、辞めてしまう看護師は想像以上に多いのです。女性の職場だけに、対人関係でもめやすく、辞めたところで、再就職が容易であることも影響しているのでしょう。看護師以外の仕事に比べると、売り手市場の看護師は、再就職しやすいので、希望する労働条件とすごく異なる際には、さっさと辞めて、別の医療機関に再就職する人も多いのです。どんな職業でも、その現場にしか通じない言葉があります。仕事をスムーズに進めるためとかの訳でいろいろな業界用語が使用されています。同様に、看護の職に就いている人でも業界特有の言葉が利用されています。例えば、心マは心臓に刺激を与える、乳癌はマンマ、泊り込み治療はアドミッションなど、多くのその仕事でしか通じない言葉を使うのです。看護師はチャレンジングな仕事だと多くの人がいいます現在はどんな仕事でも面と向かって人とかかわることがなくなる傾向にあります。対して、看護師は人と深く交わることができ、支えることができるという点で取り組みがいがあると感じる方が多いのかもしれません。普通、看護師に就くには、知識や技術だけにとどまらず、「この世界で仕事をこなすんだ」という固い決意が重要だと思います。専門職なので、普通のOLなどに比べると収入がよくて、働き口に困ったりもしません。だけど、日常ではほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければならないためです。一般に、看護師の平均給与額は、あんなに激務である割には、高額ではないのが実際のようです。そのため、常によりよい月収を支給してくれる勤務先を志望して転職活動中の人がいます。賃金が高い病院は、とても人気があり空きが出ないため、中には、看護師専用の転職サイトなどを使って、転職のために活動している人もいます。看護師の1年の収入は高いと思われている方も、存在するかもしれません。そうは言っても、夜勤がなければ、収入を増やすことができませんから、もらえる月給が不十分ということがあります。それ故、独身だと夜勤がある病院で働いて利益を得て、婚姻後は夜勤をしなくていい病院に再就職する人も多数見られます。友人の看護師が、つい先日、転職をしました。けっこう楽そうな病院でしたのに、どうしてなの?「あまり忙しくなかった。仕事をバリバリこなしたい」というようなことでした。世間には、働きたくないと願う人が多い中で、彼女のような人間もいるものなのですね。看護師の存在は、医療機関にとっては無くてはならない重要な人材だと言えます。にもかかわらず、そんな看護師の待遇はそれほどよくありません。看護師は夜間の仕事もあり、反対に、休みが多くないといった厳しい労働環境で、給料だって、それほど多くはないのです。退職率が高いのも、当然の帰結なのかもしれません。残業すれば残業代をもらえるのは至極当然です。ただ、看護師という職の場合、その時々の状況次第では残業代が出ないことがありえます。とりわけ、転職をしたばかりで新しい医療現場に慣れていない場合には、残業を申請しにくい雰囲気があるものです。少しでも看護師の厳しい労働環境を改善させる意味でも、残業手当がちゃんともらえるようにする必要があります。病院に向かうと次々に患者さんがくるので、看護師さんは常に忙しい様子です。チャチャっとしていたり、大声で名前を呼んだり、患者の方に説明したりなどと、しっかりしていなければこなせない大変な職業だと感じます。ただし、その分、中々、やりがいはあるだろうなぁと思います。病院や医療施設などで看護師が働く時、その配属先は非常に重要なポイントです。同じ病院の中で勤務する場合でも配属される診療科によって、大きく異なる仕事内容になります。偶然にも、自分の望んでいた配属先ならトラブルが生じるケースはありませんが、得意ではないと感じている配属先だと仕事をなかなか理解できない場合もあります。看護師って医療職で結構、手堅い職業と思われがちですが、けっこう大変な職の割には報酬はたいしたことはないです。婦長クラスにまで昇りつめたら話は別ですが、その他のほとんどは大変な割にはいまひとつって感じの額なのです。割に合わない安月給に嫌気がさして退職してしまう看護師も滅多にいないわけではありません。看護師は病院などで就業していますので、勤務時間は多岐に渡っています。それが原因で、安定してお休みが取れないといった不満があるのです。医療機関にとって看護師は大事な職業ですが、働く側にしてみると残念ながら良いとは言えない職場であるケースが珍しくありません。なにはともあれ、看護師は患者の命に関係する仕事をしていますので、相当、神経を使うでしょう。なのに、高給とは言い難い報酬で一生懸命に仕事をこなしています。看護師の業務への意欲を高くするために、ぜひ、高給にしてほしいと感じます。やはり、看護師の仕事は、大切であり、どんな病院とか医療施設でも絶対に必要な重大な責任を背負っているわけです。大切な職務であると共に、夜勤といった変則的な勤務形態で十分睡眠がとれない看護師もいるのです。看護師の仕事には健康の管理を行うことも重要な業務の1つになります。病院に入院している知り合いのお見舞いに行った時のこと、看護師さんが、複数の患者への対応をしている様子を見かけたのも珍しくありません。患者の中には体が不自由なために、ナースコールに頼る人も珍しくないのです。看護師さんという仕事は、見舞い客が客観的にみても、苦労の連続でしょう。私の叔母にあたる親戚が、ようやく離婚をして出戻ってくることになりました。久々に会うことになった叔母は思っていたより元気そうで、「看護師の資格があるのだから、どんな時でも仕事に困ることはない。あんな男の世話になんかならなくても十分に生活していけるわ」と吹っ切れたように笑っていました。看護師として働きながらお金の余裕を得たいと思ったら、掛け持ちの仕事があります。仕事が休みの日を活用してアルバイトなどを行う看護師は毎年増加する傾向がみられます。副業のメリットは、暇な時間を効果的に活用することができて関係のない仕事をすることで息抜きにもなる事です。看護師が転職を行う場合は履歴書をちゃんと書かなくてはいけません。書き方としては、重要なことが存在します。写真ですが、三ヶ月以内に撮影した新しい写真を使いましょう。それと、住所や氏名などはきちんと正確にきれいな字でわかりやすく丁寧に書き記すことが肝心なこととなります。交通事故により救急搬送された際に、医師が気付かなかった私の鎖骨の骨折を指摘して処置を施してくれたのはまだ若手の看護師の方でした。入院中に、知りましたが、とてもお若い人なのに看護師長の地位でした。きっと能力評価が正当に行われた結果なのだと思います。実のところ、看護師さんは大変な業務が多いですね。くれぐれも過労死をしてしまわないように体調を管理したほうがいいでしょう。満足な条件でない場合、職場を変えることを検討してください。長期治療の必要な病気になれば、存分に働くことも厳しくなります。自分の体調のことは他の誰も守ってくれることはありません。看護師が派遣で仕事をする場合には、色々と良い所や悪い所がございます。まずは、良い部分として長い期間働く必要がなく、自身の都合や条件に合わせて自由に別の職場に変われることです。悪い部分は、昇給やボーナスがないので、長期間勤務するには向かないことでしょう。看護師の役割は一般的にはハードな職業だと認識されています。というのも、近年の病院における雇用体制の悪化が原因で、長期にわたる人手不足により労働時間が長引いてしまう傾向が原因です。勤務時間の長さに加えて、月に何度か組み込まれる夜間の勤務があるので、常日頃から疲労とストレスを抱えている看護師が多くなるのでしょう。看護師は患者さんの治療関連の仕事のみならず、身辺のお世話まで、業務に含まれています。医療機関の中で、看護師ほど、やることの多い人は考えられません。それだから、看護師の仕事の中味に合った待遇にしてもらいたいものです。希望の病院や医療機関への転職を試みる看護師にとって、重大なことがやはり、面談です。看護師が面接時に頻繁に聞かれる事としては前のクリニックでの仕事について、辞めた理由、この病院でやりたいことは何か、自分の看護の価値観といったことです。これらの質問に、すぐに答えられるよう考えを整理しておくことが必要になります。看護師目線で言うと仕事と育児を同時にこなすのは中々、厳しい問題です。可能な限り、病院で働きたくても、育児をこなしながら看護師の職責を果たすには、様々な困難が出てきてしまいます。仕事と育児の両方をこなすのは自分だけの問題としてよりも医療全般の課題として試していく必要がある思います。知人の看護師が退職するかしないかで迷っているとたずねてきました。彼女はちょっと前に結婚したのですが変則勤務で土日休みの夫と休日が合わないので、なかなか一緒にいられない生活が続いているらしいです。当然、出産して、子育てしたいと思っていますし、しかし、仕事を辞めたくないしと迷っていました。日本全国の病院や様々な医療機関の現場では、長い期間ずっと看護師が足りないの現実がそのままになっています。ですから、就職や転職の際、貴重な看護師は、完全な売り手市場だと説明できます。看護師資格を所持していれば、希望条件を満たす最適な職場を比較的簡単に選択することが可能です。もともと看護師は、病院やいろんな医療機関ですごく重要な役割を背負っています。ですが、多くの病院や医療機関では看護師不足となっているのが現在の状況です。医療現場では、深刻な看護師不足の問題を解決できていません。今後は、ちょっとでも早くこの問題を解決に導く必要があると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です