ブタが厳(げん)

カードローンやキャッシングでお金を借りるのは、本当に最終的な選択だと思っています。あまり軽い理由で利用して、あとで本当に必要になったときに使えなかったら困りますよね。借金と車の運転には性格が出ると言いますが、安易に使って返済が膨らみ、あとで必死の思いで返したという話も聞きます。そうならないようにするためには使いみちを決めたら再検討し、自分で用意できる額を用意してから最小限の金額だけを借りるようにすると、延滞やループに陥ることもないでしょう。カードローンやキャッシングでお金を借りているときは、延滞だけは避けなければいけません。延滞するとカードが利用停止になり、支払いを催促する手紙が自宅へ送られてきます。それでも払えない、もしくは払わないでいると、手紙を読む・読まないに関わらず、債権回収を専門とする会社に債権が譲渡され、最終的には裁判ということになります。裁判になればよほどのことがない限り、債権者が有利です。延滞したままでいることはできませんから、支払いが遅れそうなときは、業者に連絡すると、分割払いの回数を増やしたりリボにできるケースもあります。便利なカードローンですが、使うと利用明細書が発行され、登録した自宅に郵送されてきます。クレカなら便利だと思いますが、借金は知られたくないですよね。勤務先に送るのは以前ダメだったので、ほかに家族に秘匿する手段はないかとネットで探してみたら、意外なことに、裏ワザとかでなく、普通に「明細書送付なし」の金融機関が多いのには驚きました。その中でレイクを選んだのは、安心の銀行系であることのほか、30日間無利息や180日無利息プランがあり、繰上返済にも対応していたからです。レイクは有人店舗がないと言われたので、契約には無人の自動契約機を使い、そこに設置された電話で色々疑問点を質問してみました。最大の懸案事項であった利用明細書については、申込時にウェブ明細サービスを選べば、自宅に送られてくることはないそうです。家族に知られないのがこんなに安心できるとは思いませんでした。そこそこ自由にお金が使える人でも想定外の出費があれば一時的にキャッシングに頼らざるをえないことはあるものです。しかし、なんの知識もなく自称金融業の個人(高い確率で闇金)とか、全然聞いたこともないような会社からお金を借りると、とんでもない苦労を背負ってしまう危険性がありますから、知らないところでは「すぐ借りちゃダメ」です。お金を借りるときは個人情報を相手に渡すわけですから、ネットで調べるなどして、銀行系や老舗金融業者あたりから借りればトラブルも防げます。具体的なカードローンの返済方法についてですが、まず、銀行系のカードローンを組んでいる場合は口座引き落としでの返済が多いでしょう。また、消費者金融や信販会社においては、その他に振り込みやATMからの返済も出来るんです。どのような返済方法をとるにしても、極力手数料のかからない方法を選んで返済を続けるのが賢明な判断だと言えますね。新規でカードローンの申込を行うと、審査の過程で職場に電話がかかってくることがあります(在籍確認)。すべての人にかけるわけでなく、かかってこないこともあります。しかし、社内に知れるのではと思うとあまり気持ちが良いものではないですよね。ただ、こうした在籍確認の電話を回避して貸付けを行う業者も増えました。対応のきめ細かさでは、大手に優るものはないでしょう。勤務先に知られたくない旨を相談すれば、勤務実態のわかるような保険証、その他の書類で済ませてくれることがあります。オペレーターが疑問に答えてくれるので、電話で確認するといいでしょう。借金って、けっこう人の印象を左右してしまうものです。とくにキャッシングというと、親や家族の誰にも知られたくないと考えている方が多いようです。自宅への郵送物をやめてほしければ、『WEB完結』サービスは最適の方法だと思います。インターネットで申込みできるのは普通ですが、本当にウェブだけで手続きが『完結』するのがミソなんです。当然、自宅への郵便物(カード、明細書)も一切ないです。利用明細はWebの個人ページから確認することになります。時代は変わりましたね。お金を借りる話をしていて気づいたのですが、カードローンのカードと、クレジットカードのカードが区別できていないことってしばしばあります。確かにお金を借りるという点では一緒ですが、融資上限額(キャッシング部分)にものすごい差があるので、この際ご説明しましょう。クレジットカードはショッピングの支払いがメインで、キャッシング枠は付帯的な存在なので、借りられる枠は小さめです。当初は10万、20万といったところでしょうか。一方、カードローンは融資を主目的とし、軽く100万円以上の上限額があることは、もはや常識です。こう説明すると、みなさん違いに納得されます。カードローンを申し込むときには審査があり、在籍確認はあって当然と考えたほうがいいでしょう。しかし一定の条件が整っていれば勤務先への電話確認を省略できるところも出てきました。大手のなかでもプロミスやモビットといった銀行系の金融業者では、特定の銀行に口座があって、給与の明細書、社員証や社保(組合健保も可)の保険証を持っている場合は、電話連絡なしで審査できます。借入金額や個人の条件等によって変わりますので、わからないことはどんどん問合せすると安心です。社会人になると収入も増えますが、支出も増えるのが実情です。奨学金や無担保のカードローンはもちろん、カードを使ったショッピングの分割払いも借入のうちに入ります。そして、借入金を返すときには利息分をつけて返すことになります。同じ利率なら、返済期間が短いほうが金利負担分の総額が減るので、負担を減らすには返済期間短縮がもっとも有効です。ローンと現在の銀行の定期預金の金利を比較すると、ローンの金利のほうが高いので貯金をするくらいなら繰上げで一括返済したほうが経済的です。ただ、学資や一部のローンには無利子のものもあるので、いま一度確認してみてください。昔はカードローンやキャッシングは一口にサラ金と言われ怖いものと思われた時代がありました。近年では法律も変わり、金利は厳しく制限されるようになりました。ただ、利息制限法では最大18%であるのに対し、出資法ではそれを超える29.2%以下で貸付できる特例があります。「普通免許では10人乗りまでだけど、大型免許なら30人以上乗せても良い」のと同じで、違法ではありません。でも11%以上違うと支払額が全然違うでしょうね。この18?29.2%がグレーゾーン金利と呼ばれています。電車の車内広告やCMで「過払い金請求」を見かけたことはありませんか。あれは、こうした契約による払い過ぎ(過払い)を返金してもらうものです。専門知識が必要なため、手続きは弁護士を通じて行われます。月々の支払いなどはほぼ決まったものが多く、予定は立てやすいものですが、人生には予期せぬ出費が付き物であり、そんな時、どこからお金を持ってくればいいか悩みますが、そんな時は、お手持ちのカードをチェックしてみてください。キャッシングが出来るものがあるはずです。思っていたより手続きも簡単で、ネットからワンタッチで、早ければ、その日のうちにお金が振り込まれることもあると言います。緊急の場合、本当にありがたいです。いくらお手軽と言っても、当然信用調査は行なわれますし、ゴーサインが出て初めて融資が実行されると言うわけです。たとえ小額ずつでも多くの会社から借りてしまっていたり、あちこち借りすぎて借金の概要が把握し切れず、返済できない負債が多数発生しているような場合などここで信用問題をクリア出来ない限り審査以前の問題であり、通るかどうか考えるまでもなく貸してくれるところなどもはや存在しないという事を思い知るべきです。一昔前には、お金を借りると言えば、余程の事だったので、それなりに返せる見込みがあり、もしもの場合、肩代わりしてくれる人まで付けるのが当然で、その人の収入に関する保証がいらないなんて事は、貸し倒れの心配はいらないのでしょうか、借りるほうが心配になってしまうほどです。こんな時代ですから、借りる金額がさほど多くない限り、職場の如何や収入の状況など、何も問われないことが、常態化しており、借金の門戸が広げられてきています。保証人もなしの小額融資とはいえ、上限は数百万円とその設定には驚かされます。小額どころか、超高額だと思うのは私だけではないでしょう。以上のようなわけで、大抵の借り入れが、誰でも収入保証も取らずに行なわれると言うことで、貸し倒れが出ないのか心配になるほどです。お金を借りる苦労は並大抵ではないので、このようなシステムは大歓迎です。借金に慣れていない人が陥りやすい問題をお教えしましょう。それほど難しいことではありません。基本は、返済に関する見通しをこれでもかと思うほど辛く見積もることです。お金を返すということは実に不思議なもので、返し始めには相手への感謝の気持ちが勝っているため、大した算段なしで返せるもので、このまま返済し続けることが思いのほか簡単なことであるという錯覚に陥りやすいのです。でも、一定額のお金を返済し続けることの困難さが分かるのは、折り返し地点以後のことです。返済の計画というものは、最初に決めた額をただ機械的に払い続けることしか求めておらず、返す人の状況など考慮の対象外なのです。だからこそ、月々返済出来そうな金額を2通り考えておき、その中からそこから更に負担を削ることでリスクを減らせます。かなり低い金額設定にに戸惑いもあるかもしれませんが、それこそが完済への近道になることは間違いありません。私の話なのですが、二つの消費者金融でカードローンを組んでいる状態です。それぞれ十万と二十万の、計三十万円です。合わせて二万円を毎月の返済に充てているのが現状です。ところが、どちらの業者も最大利子での貸付でしたから、返済を続けても、なかなか利子を含めた返済額を完済することが出来ません。他の消費者金融で借り換える事も考えたのですが、どの消費者金融でも審査で弾かれてしまい、諦めてしまいました。金額的には小さいのですが、初めてのカードローンで今は頭の痛い問題を抱えてしまいました。実際にカードローンを組む際に一番注意したいことは、カードローン会社が設定している金利ですよね。テレビCMを見ると分かるようにカードローンのCMってたくさん見かけると思います。けれども、そこに表示されている金利は、各社で違うことが分かると思います。金利の割合が高いということは、利息も高くなってしまうため、金利を比較した上で、ローンを組むというのが良いと思います。与り知らぬ所で膨らんでしまった借金を返せず、姉が債務整理をすることになりました。私も話を聞いて驚いたのですが、今考えればありえないような嘘のメールに騙され、必要に迫られてもいないお金を借り、信販会社に返す破目に陥ってしまいました。見たところ健康そうな姉ですが、精神科に通院中の身です。しっかりしていて、頼りになるかと思った後に同一人物とは思えないほどの変わりようを見せたりするのです。まさか騙されているとは思いもしなかったため、それなりのお金を借りても返済できると判断されたのでしょうね。巧妙な詐欺被害にあわないよう、日ごろから十分注意を払いたいものですね。新たな会社でキャッシングを申し込むとき、すでに他の金融業者からの借り入れがある場合は、注意しましょう。過去に延滞の履歴があるときはとくに新しいローンの審査には障害になるかもしれません。条件次第とはいえ、審査基準は公開されていませんから、どこなら確実に通るということは言えません。なかでも長期(3か月?)の延滞履歴があると、まともな金融業者からの新規借入はほぼ無理だと考えたほうが良いです。カードローンを利用する時はほとんどの方が利率を基準にして選ぶのではないでしょうか。ただ、同じ額を借りるならどこも同じような利息なので、そこだけで比べようと思うと無理が出てくるはずです。わかりやすいところでは、ポイントが稼げるところは利便性が高いと思います。入会ポイントのほかキャンペーンや利用額に応じたポイントが貰え、お金と同じように使える点でお薦めです。と、ここまで金銭的なオトク重視で書きましたが、『計画的な利用』ほどオトクなものはないんですよ。借りて使えるだけでもメリットは大きいはず。だからこそ、お金に対するバランス感覚が狂わないようじっくり考えてから、申し込むようにしましょう。お金を借りる必要があって、初めてなのでどこが良いか探していたら、一括見積りならぬ、一括審査サイトの存在を知りました。カードローンを借りた経験がないので、正直言って比較するのも大変でした。それに、いくら自分で最適なカードローンを選んでも、審査落ちしたら急いでほかの会社をあたらなければいけないのかと思って、それだけでストレスを感じていました。一括なら、審査で通った会社の中から有利なところを選ぶこともできるでしょう。金融各社も競合他社と比べられるので、条件面などで多少がんばってくれそうな気がします。カードローンに限った話ではないのですが、お金を借りる場合、貸す側にとって一番大切なことと言えば、借りる側が返済出来るかどうかです。ですので、これから住宅ローンを受けようと考えても、審査の段階でカードローンを組んでいる状態ですと、計画通りに住宅ローンを返済が完了するのか、その力があるのかどうか、という点では不利になると言わざるを得ません。給料日の前って、友達にもお金が借りにくいですよね。そういう場合は小額を借りてすぐ返すようなキャッシングだったらもっと気軽に使っても良いような気がします。短期間なら金利ゼロという会社もありますし、そうでなくても一括で返済するのなら、長期にわたる返済と違って利息を気にすることもないでしょう。とはいえ、高額を一括返済するのは無理がありますから、もし分割にするなら低い金利のローンを選んだほうがお得です。急いで借りたいときでも実質年率がどれくらいになるかチェックしておくべきだと思います。「嘘の申告をしてカードローンの審査に通った」という話をたまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。事実だけ言えば、それは「有印私文書偽造罪」に相当します。ローン会社がそれに気づいても実害発生前なので、通報することはなさそうですが、被害が出たら、常識的に言って警察に通報するといったところでしょうか。いずれにせよプロ相手に虚偽が通ることはありえないと考えたほうが妥当でしょう。万が一、審査をくぐり抜けたとしても、返済中にバレたらブラック確定で、「全額」を「一括」で返済しなければいけません。大きなデメリットがあります。ときどきカードローンについて相談をいただくのですが、信用でお金を借りているにもかかわらず、「借金」イコール「良くない」みたいな考え方には問題があるように感じます。無計画な「借金苦」と計画的な「借金」は同じものではないですよね。働く女性の低収入は以前から言われていることですが、そういった人が向上心や目標を持ってお金を借りるのでしたら、むしろ自助努力の一環だと思うのです。無責任に借りろ、貸せとは言いませんが、周囲も本人ももっと客観的な目で見つめたほうが良いのではないでしょうか。業者側のほうでも借りやすい環境を作ったり、良いサービスを提供することが大事なのではないでしょうか。ストレスがたまって買い物に歯止めが利かなくなり、気がつけばクレジットカードでとんでもない額を使ってしまっていました。引き落とし日に入金するお金に困った挙句、慌てふためいてしまって、キャッシングでその場をしのいだのですが、もうこれ以上はどうにもならないところまで追い詰められてしまいました。そのまま勤め続けていてもお金の問題は解決しないので一旦会社を辞め、退職金で返すしかないと覚悟を決めたのですが、最終的には将来のことを考えて退職だけは回避し、両親を頼ることにしたのです。最終的には、利息なども合わせて5百万円にもなっており、両親には本当に申し訳なく思いますが、家の改築資金にと用意していたお金を用立ててくれることになりました。これに懲りて二度と無茶なお金の使い方をしないよう散々お説教をされた後、借用書と誓約書を書いて誠意を示し、返済をしながらでも堅実な生活を送ることが出来るようになりました。親というのはありがたいものですね。複数のカードローン会社を恒常的に使うようになると、だんだん管理が難しくなって毎月の返済が負担に感じられることもあるでしょう。銀行や金融業者が提供している『おまとめローン』というサービスをご存知でしょうか。これまで複数だった借入先が1社に減るため今までの悩みから解放されるでしょう。まとめることで金利分の負担が増えることは、今後一切なくなるので、返済そのものがラクになってくると思います。延滞や虚偽申請などで事故履歴が残ることを「ブラックリストに載る」「ブラックになった」と言います。その対象者でも、お金を貸してくれる会社があります。とは言っても、知名度の高い銀行はもちろん、大手消費者金融では審査の段階で断られてしまうので、中規模クラス以下の消費者金融に申し込むわけです。脅かすわけではありませんが、小さな会社は大々的な広告を出さず、会社名を広める気がないので、利用者にとってブラックな会社であるケースが多いです。大手でも審査が甘いほど高利になりがちですが、中小ならなおのこと当然ですね。近頃は銀行やコンビニATMなどを使えばスムーズかつスピーディーにお金が借りられるようになっています。このようなシステムをスマートに使うには、借りる人の時間や金銭のスケールがズレていると、便利すぎて自滅なんてことにもなりかねません。銀行の融資窓口や消費者金融の店舗ではこちらの考えが漠然としていても向こうで整理してくれますから、比較的理想の選択に近づくような気がしますが、PCやスマホで事務的に打ち込んでいくだけなら、自分で自分に充分なフォローができるでしょうか。正直言って疑問に思います。対面窓口がいまでもある理由も、わかる気がします。専門学校の卒業が間近になった頃、僕は憂鬱でした。単位不足で卒業が6月に延期になったからです。学費もそれだけかかります。親に言えばいいと思うかもしれませんが、ただでさえ自分にお金かかってるのにと思うと言えなくて、学生でも借りられるというローンを申し込もうとしたことがあります。ただ、自分も周りもみんな学生ですし、誰かに聞くこともできなかったので社会人になるまではカードとは無縁で過ごしました。学生でも借りられるローンって、いま思うとなんだったんでしょう。いまさらですが、自分が臆病で良かったのかなと思います。自立するまでは、お金のことは誰かに相談するようにしたほうが良いですよ。カードローンによる融資は、今や即日で行われるものが殆どです。ネットで申込みますと、いくらか時間が経てば指定した振込先に、お金が振り込まれているのです。先に現金を振り込み、カードの発行は後に行うわけですが、カードを手に入れたあとでもネットだけの利用もOKなところが大半ですから、実際はほぼカードレスローンだと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です