アイブーのあさぽん

皆さんご存知のように、看護師は離職者が多い職業ですので、結果的に転職率が高いと言えます。こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが多くあります。こうした看護師専用の転職サイトであれば、手際よく希望通りの求人を探すことが出来るので、現役の看護師には最適な転職サイトだと言えるでしょう。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを合わせて活用すると、さらに便利だと思います。貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。こういったところでも看護師の働けるところは十分にあります。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、十分留意したうえで関わらなければなりません。介護方面に興味のある看護師は職場としてグループホームを選ぶということもいいのではないでしょうか。入院施設のある病院に勤める看護師は、夜勤を避けられない職業の一つです。実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、勤める病院が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。3交代勤務での夜勤となると、時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。希望する病院がどのような勤務形態なのか前もって知っておいた方が良いでしょう。ここ数年はより一層、看護師の数が足りなくなってきていると言えます。せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、現在は看護師として勤務していないという方も多いです。看護師不足が起こる原因は看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。大多数が女性の職場なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。新卒や既卒で看護師としての就職先が見つからず、上手くいかない場合は、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。求人広告や求人サイトには特に年齢制限の記載がなくても、事情によっては病院側が独自に採用年齢を設定しているケースがあるのです。中でも、30歳以上で未経験の場合、難しくなります。資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、つまるところ、たとえブランクがあったとしても、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと人が足りていないことが大きな原因といえます。「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、状況次第で五十代でも復帰できます。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。けれども、昨今では、看護師のユニフォームも変わりつつあり、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。看護師として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、看護師の中でも小さな子を持つ場合には大変な懸念事項となっています。子供の就学前であれば24時間保育を行っている保育所の利用や託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。そういう理由でやむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も少なからずいます。転職活動を行う時には、ご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、気を付けなければならないことがあります。何に気を付けるべきかと言いますと、特に履歴書の中の志望した動機について、どのように表記するかということになります。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くので経験を積む上でもほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。私の話になりますが、妻が看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので苦労した覚えがあります。みなさんご存知のように、看護師の休日についてはクリニックや病院の勤務形態によって各自違うようです。中でも3交代勤務の職場においては、先にシフトが組まれていますので、休日出勤や平日休みも珍しくありません。別の見方をすれば、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。多くの看護師が持つ悩みといったら、不規則な勤務形態ではないでしょうか。折角休みになっても友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする悩みを抱えている方も多いようです。他にも、そもそも人手が足りずに休みが取れないということも珍しくありません。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤のみで働ける病院であればそれが可能ですので、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、注意点ですが、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働く看護師と比べて結果的に給料が減ることがほぼ確実なのです。今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。同じ病院に長く勤務していると階級も上がっていきます。具体的には、婦長と聞けば比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、他にも役職があるのです。最近では、学生やパートの看護師も増加しているため、正看護師であれば階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。階級のトップからいえば、各病院の方針によっても異なりますが、普通は総看護師長ですとか、看護部長といわれる人ですね。どういう人が出世するのかというと、その病院での勤務を長くするなど、周囲の信頼を得ることが大切なようです。もちろん、階級が上がればその分、年収や待遇は良くなるでしょう。殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。理由としては、過酷な労働環境があります。最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで看護師一人にかかる仕事量が増加し、仕事に拘束される時間も長くなり、休みも簡単には取れません。交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、看護師を退職する人も珍しくありません。看護師として患者から信頼してもらうためにも、働く看護師は外見に気を付けておくことが重要です。メイクが必要な女性では、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのがおススメです。ノーメイクとも違いますから、雰囲気が変わることは間違いないでしょう。看護師の勉強をするための学校には一般的に学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。対する専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習をすることに重きを置いているので働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。交代勤務を代表に看護師の仕事は大変ハードでも、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、責任を持って交代する看護師に伝える必要があります。伝言程度で終わるケースも少なくないですが、患者の生死に関わる重要な情報については間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。意外に思うかもしれませんが、看護師の求人がある勤務先に保育園もあるのです。実際に保育園で働くとなると、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、おススメの職場だと言えますね。仕事の内容は、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする働きがいのある仕事です。今、日本ではEPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。しかしながら、看護師国家試験の勉強をして3年間の滞在期間中に看護師資格の取得ができなかった場合には帰国する必要があります。働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。看護師という職業は毎日の勤務時間がばらばらであり、過酷な労働環境だということも相まって、他職種に転職する人も少なくないという話ですが、看護師の資格を持っているということは意外と看護師以外の職業でも有利な方向に働くことが多いでしょう。いくつか例を挙げるならば、人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。会社員も会社によって給与が違うように、もちろん、看護師も同様です。総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では貰える給与に違いがあるのです。ですから、一般的な看護師の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。大方の場合、大変だと思われる看護師ですが、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、休憩を挟むとは言っても、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。労働時間が長いということも世間的に、看護師として働くことが大変だと思われる一因だと思います。かつての看護師は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。ですが、ここ最近の傾向として一般的に「看護師」という名称が使われているように男女共に働く職業となってきました。現場で求められる看護師の能力を考えた場合、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、病気のために退職したそうです。ですが、身体の調子が治ったら、復職して昔と変わらず看護師として勤務しているのです。多少のブランクでも、資格があれば復帰も早いと思います。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、看護の専門学校や大学等を卒業することが絶対条件です。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通って受験対策をする人もいるようです。もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信で学べる学校も存在しますから、興味があれば調べてみてください。どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、看護師に多いトラブルと言えば、対人関係の問題や夜勤で体調を崩すといった問題があります。やはり、女性が多い職場ともなると、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも少なくありません。夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職してもっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのもアリだと思います。国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、看護師として役に立ちたいと考えている看護師の方もいると思います。海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、困難を抱える人を救うことの出来る看護師という人材が要求されています。海外においては医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語が必要になります。本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、英語を身に付ける事を優先しましょう。看護師の職業は、白衣の天使という呼称があるほど、世間的には、良い印象を持たれていることが多いと言えます。とは言え、実際の看護師の働き方を見てみると、もちろん待遇はそれなりですが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている看護師というのも少なからず存在しているのです。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、本質的に看護師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です